sayuri投資をはじめました

副業しても生産性が上がらないので投資をはじめました。資産を増やします。WoToken紹介コード:8mNNiaJaq4

MENU

仮想通貨のパブリックチェーンとプライベートチェーン

f:id:sayuribox:20190514201517j:plain

今回は「パブリックチェーンとプライベートチェーン」についてお話しします。

 

ちなみに前回は「新型VRとF1デルタタイムdAppsゲーム」についてお話ししました。

まだ見ていない方はこちらをクリック↓

www.sayuribox.com

 

パブリックチェーンとプライベートチェーン

さて、またまた仮想通貨ワードが出てきました。

 

今回もどうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

パブリックチェーン、プライベートチェーンとは、ブロックチェーンの種類のことをいいます。

 

ではまずパブリックチェーンから見ていきましょう。

 

≪パブリックチェーン≫

パブリックチェーンとは、いわゆる分散型台帳といわる開かれた非中央集権的なブロックチェーンになります。

 

管理者が仮想通貨ネットワークに繋がった全てのノードになりますので、いつでも誰でも取引を見ることができ、またそれが管理やセキュリティーにもなるというメリットがあります。

 

BTCやETHのようなコンセンサスアルゴリズムをもつブロックチェーンということになりますね。

 

次では、プライベートチェーンについてみていきましょう。

 

≪プライベートチェーン≫

「プライベート」というワードからもお分かりのように、こちらは中央集権的なブロックチェーンのことをいいます。

 

パブリックチェーンのように誰でも参加できるわけではなく、決まった管理者が存在します。

 

選ばれたノードが取引の承認を行うため、ブロックへの生成時間が早い(取引のスピードが早い)という特徴があります。

 

また、その分トランザクションフィーも安く済みますので、承認待ちによる手数料の高騰も起こりません。

 

しかし、組織内の管理であるため不正アクセスが起きた場合のリスク、またはプロトコルが変更できてしまう事に関しての問題などもあり、今後は改善がなされていくようですね。

 

現在はXRPがプライベートチェーンのコンセンサスアルゴリズムを採用していますが、実はプライベートチェーンは資金が安定しているため、プラットフォームなどの開発に潤沢な資金が使えるという強みもあります。

 

XRPは先進国では一番人気であることからも、システムの開発はユーザーにとっても大きなメリットがあるといえるでしょう。

 

以上が「仮想通貨のパブリックチェーンとプライベートチェーン」についてです。

 

 

 

WoTokenの配当今朝も入っておりました♪

WoTokenのご登録はこちらから↓

http://wotoken.pro/
登録方法が分からない方はツイッターにDMくださいね♪

 

ご登録には紹介コードが必要になりますのでsayuriのお使い下さい♪
紹介コード: 8mNNiaJaq4

 

twitterで毎日配当載せてます♪

sayuriちゃん💗 (@sayuribox77) | Twitter

ときどきポエムつぶやきます♡

 

※投資は自己責任です。

ゆとりある資産で運用しましょうね。


sayuriの応援をよろしくお願いいたします(^-^)♪

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村