sayuri投資をはじめました

副業しても生産性が上がらないので投資をはじめました。資産を増やします。WoToken紹介コード:8mNNiaJaq4

MENU

仮想通貨のマルチシグについて

f:id:sayuribox:20190502173923j:plain

今回は「仮想通貨のマルチシグについて」をお話ししますね。

 

ちなみに前回は「仮想通貨のsegwitについて」をお話ししました。

まだ見ていない方はこちらをクリック↓

www.sayuribox.com

 

仮想通貨のマルチシグについて 

以前「仮想通貨Walletの2つの鍵」の記事で、秘密鍵と公開鍵についてお話しをさせていただきました。

 

通常、ビットコインなどの仮想通貨ではこの2種類の鍵(署名)があれば送金などをおこなうことができるのですが、鍵が一つなら、もし仮に誰かに秘密鍵を知られてしまった場合、もうどうすることもできませんよね。

 

このような事態に備えて秘密鍵を複数作ることをマルチシグ(マルチシグネチャー)といいます。

 

マルチシグで送金を行う鍵(署名)の数は2/3。

 

3つある鍵のうち2つが署名に必要ということになります。

 

二重鍵によって安心も増えるというわけですね。

 

次では、マルチシグを使った取引について見ていきましょう

 

エスクロー取引

マルチシグを応用させた「エスクロー」という取引方法があります。

 

取引の間に第三者が入る方法です。

 

直接取引よりもずっと安心安全で確実な取引ができため、フリマアプリなどでも応用されています。

 

大変素晴らしいエスクローですが、多少のデメリットもあります。

 

それは、設定に時間がかかることと手数料がかかることです。

 

鍵を集めて設定をしたり、またそれを保存したりしなければならないため手間がかかります。

 

また、二重ロックのため送金手数料も通常のものより増えてしまいます。

 

秘密鍵の保管

秘密鍵の安全な保管については「コールドウォレット」がおすすめです。

 

インターネットでの繋がりが関係ない保管になるので不正アクセスが不可能になります。

 

しかし、それ自体を失くしてしまっては意味がありませんので、しっかり保管しておくようにしましょう。

 

電子署名やマルチシグは、ブロックチェーン技術の信用の高い取引には欠かせものになっていますね。

 

これから先、様々なものに応用されていくのではないかと思います。

 

以上が「仮想通貨のマルチシグについて」のお話しです。

  

 

WoTokenの配当今朝も入っておりました♪

WoTokenのご登録はこちらから↓

http://wotoken.pro/
登録方法が分からない方はツイッターにDMくださいね♪

 

ご登録には紹介コードが必要になりますのでsayuriのお使い下さい♪
紹介コード: 8mNNiaJaq4


twitterで毎日配当載せてます♪

sayuriちゃん💗 (@BKTza93jUJGBY4c) | Twitter

ときどきポエムつぶやきます♡

 

※投資は自己責任です。

ゆとりある資産で運用しましょうね。


sayuriの応援をよろしくお願いいたします(^-^)♪

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村