sayuri投資をはじめました

副業しても生産性が上がらないので投資をはじめました。資産を増やします。WoToken紹介コード:8mNNiaJaq4

MENU

IoTセンサーとは??

f:id:sayuribox:20190430180253j:plain

今回は「IoTセンサーとは??」についてお話しします。

 

ちなみに前回は「Ambrosusエンジェル・ベルセティ氏」についてのお話しでした。

まだ見ていない方はこちらをクリック↓

www.sayuribox.com

 

 IoTセンサーとは??

今は発売される製品のほとんどに組み込まれているといっても過言ではない「IoTセンサー」

 

先日記事にしたブロックチェーンを駆使した「Ambrosus」プロジェクトでの流通ネットワーク内においてもIoTセンサーは搭載されています。

 

みなさんのご家庭で使用されている製品にも、IoTが搭載されているものはいくつかあるのではないでしょうか。

 

「IoT」は「Internet of Thing」の略で、いわゆる「物」にセンサーが組み込まれることによって、インターネットと直接繋がることができるようになる仕組みのことをいいます。

 

今まではインターネットで通信をする時はPCやスマホタブレットなどの固定された機器のみで行ってました。

 

しかし今IoT製品は、家電量販店でも人気家電として売られるほど生活に浸透しています。

 

たとえば…

  • 外出先からでも施錠、開錠がスマホで遠隔操作ができるスマートロック
  • お子様のランドセルにつけておくだけでLINEやメールにお知らせがくるスマートタグ
  • 外出先から遠隔操作できるカメラ付き電球ソケット
  • スマホからの設定で毎朝自動で開くカーテン
  • 外出先からでもペットにごはんをあげられるマシーン

などがあります。

 

その他にもペンやコップなどにIoTセンサーが組み込まれているものもあります。

 

使う人にとって非常に便利なIoT製品ですが、実は企業にとっても大変重要な意味があります。

 

なぜなら顧客の情報やニーズを収集することができるからです。

 

そうすることで新しい商品の開発やサービスを作ることに繋げられるというわけですね。

 

また製造現場においても効率化を進めることができます。

 

さらには追跡センサーの組み込みにより、サプライチェーンの快適化を望むこともできます。

 

次では、IoTの仕組みについて見ていきましょう。

 

IoTの仕組み

実はIoT機器の中にはインターネットと繋がるためのデバイスがあります。

 

バイスの役割は、あらゆる情報の収集です。

 

たとえば人感、煙、走行距離、速度、位置情報、体温、脈拍。

 

ucodeから集められたこれらの情報はクラウドに集められデータベースに蓄積されます。

 

これをビックデータとよび、AIが様々な分析と解析を行い利用者や必要とされるデバイスにフィードバックされてます。

 

さて、このセンサーには様々なものがあります。

 

たとえば光、磁気、温度、湿度、加速、画像、位置、圧力など。

 

私たちが毎日使っているスマートフォンにも磁気、位置、温度センサーは使用されています。

 

IoTは製品の開発にはなくてはならないものということになりますね。

 

またIoTは、仮想通貨やブロックチェーンと一見かかわりがないように思えますが、実際にはAmrosusプロジェクトをはじめ、様々なものに使用され始めていますね。

 

色々知っておいて損はありません。

 

以上が「IoTセンサーとは??」についてです。

 

     GW後半はゲームで楽しもう♪

    残り少ないですよ!早い者勝ち!

       

 

WoTokenの配当今朝も入っておりました♪

WoTokenのご登録はこちらから↓

http://wotoken.pro/
登録方法が分からない方はツイッターにDMくださいね♪


ご登録には紹介コードが必要になりますのでsayuriのお使い下さい♪
紹介コード: 8mNNiaJaq4

 

twitterで毎日配当載せてます♪

sayuriちゃん💗 (@BKTza93jUJGBY4c) | Twitter

ときどきポエムつぶやきます♡

 

※投資は自己責任です。

ゆとりある資産で運用しましょうね。

 

sayuriの応援をよろしくお願いいたします(^-^)♪

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

  もうすぐ母の日感謝の気持ち伝えよう